二の腕太りの原因は?

暖かくなるにつれて薄着になってくると気になるのが、たぷたぷでしっかりとした存在感のある二の腕ではないでしょうか?二の腕が気になると、半袖を着るのをためらってしまい、おしゃれを楽しむことができませんよね。

では、他の身体の場所に比べて、二の腕にたぷたぷとした脂肪がついてしまうのはどうしてなのでしょうか。まず、脂肪がついてしまうのは、代謝の低下が主な理由とされています。代謝の低下は加齢によるものもあるのですが、身体の巡りの悪さも大きな原因となっています。

巡りが悪くなると老廃物がしっかりと排出されないので、脂肪が溜まったり、むくみを引き起してしまったりします。日常的なことでいうと、姿勢の悪さもその原因になります。加えて二の腕は他の部分に比べて細いために、少し脂肪がついただけで見た目にしっかりとあらわれてしまうのです。

体型には、上半身太り、下半身太り、と様々ありますが、下半身はほっそりしているのに、上半身の太さが気になる、という方は、上半身の巡りが悪い可能性を考えてみるのがおすすめでしょう。

このように二の腕を細くするためには、筋肉をつけることよりも、巡りを良くして脂肪を燃焼させることが重要です。二の腕は筋肉がつきやすく、筋トレをメインで行ってしまうと、よけい太く、しっかりとした二の腕になってしまう可能性があります。マッサージやストレッチ、全身が暖まり、代謝がよくなるような軽い運動を行うのがおすすめです。

もちろん、プロによるケアが受けられる二の腕エステもおススメです。

二の腕エステ口コミランキング


このページの先頭へ