二の腕太りのパターン

暑くなってきて半袖を着たら、身体が全体的に太って見える、服が綺麗に着れない、なんていう思いをしたことがある方も多いのではないでしょうか。この原因は二の腕にある可能性があります。

二の腕が太っていると、その他の部分がほっそりしていても、華奢な身体に見えない、という事態が起こってしまいます。二の腕痩せしたいあなたのために、ここでは、二の腕太りをタイプ別にお伝えします。

まずひとつは脂肪太りです。二の腕だけに脂肪がつくということはあまりないのですが、二の腕は少し脂肪がついただけで見た目に現れやすい場所なのです。

理由としてはカロリーの撮り過ぎや、運動不足があげられます。二の腕のみでなく、身体全体がふっくらしている方は、脂肪による二の腕太りを疑いましょう。カロリー制限を行いながら基礎代謝をあげることで痩せやすいタイプでもあります。

次に筋肉の衰えがあります。二の腕は内側の筋肉である上腕二頭筋と、外側の筋肉である上腕三頭筋で構成されています。このふたつのうち、筋肉がつきにくいのは、普段使われることが少ない上腕三頭筋の方です。

二の腕が太いだけでなく、垂れ下がっている感じがする方は、筋肉不足を疑いましょう。電車などで移動するときにつり革を持つだけでも、上腕三頭筋を使うことが出来ます。

二の腕をつかむとぽこぽことしたセルライトが見える方は、脂肪だけでなく、老廃物も溜まっている可能性があります。このようなタイプの方は冷え性で、身体の巡りが悪い場合が多いですので、定期的な運動やストレッチで代謝をあげるのがおすすめです。

同じ二の腕太りでも自分のタイプに合わせた対策を行うことが、二の腕痩せへの近道です。

二の腕エステ口コミランキング


このページの先頭へ